女性が知っておきたいホルモンナビ

性周期に関するホルモン

卵巣を標的臓器とするホルモンは2つあります。

 

ひとつは「卵胞刺激ホルモン(FSH)」で、
もうひとつは「黄体形成ホルモン(LH)」です。

 

どちらのホルモンも、下垂体前葉から分泌されるもので、
「性腺刺激ホルモン(ゴナドトロピン)」といいます。

 

このホルモンは、女性特有のものではなく、
男性の下垂体からも分泌され、性ホルモンとして精巣に対して作用します。

 

卵胞刺激ホルモン(FSH)には、卵胞を刺激する作用があります。

 

排卵に臨むべき卵胞が、新たに選ばれる段階の前から、
実際に排卵されるまでの間、
卵胞が成熟されるために欠かすことができないホルモンです。

 

卵胞が黄体に変わるために、排卵を起こしたり、
その後、黄体として成熟し、維持するように促すのが
黄体形成ホルモン(LH)です。

 

卵胞刺激ホルモン(FSH)は、
卵巣周期の前半に当たる卵胞期で活躍するホルモンです。

 

また、黄体形成ホルモン(LH)は、
排卵期とそれに続く後半にあたる黄体期で活躍するホルモンです。

 

さて、卵巣が分泌するホルモンは、「エストロゲン」と「ゲスターゲン」に大きく分けられます。

 

どちらも、コレステロールという
共通の材料から合成されるステロイドホルモンです。

 

エストロゲンにもいくつかの種類がありますが、
その中でも最も活性が強いのは「エストラジオール」です。

 

ゲスターゲンにもいくつかの種類がありますが、
ヒトに関しては、「プロゲステロン」が有名です。

 

そのため、卵巣が分泌するホルモンは、
「エストロゲンとプロゲステロン」といわれることも多いのです。

エストロゲンの働き

エストロゲンの主な働きには、
子宮や卵巣、乳房の働きを活発にすること、
自律神経のバランスを保つこと、
皮膚や粘膜の潤いを保つこと、
骨量を維持することなどがあります。

プロゲステロンの働き

プロゲステロンは、妊娠に関わる働きとしては、
子宮内に精子が入りやすくなるようにしたり、
子宮内膜を増殖させるなどがあります。

 

また、コラーゲンの生成を高めたり、
ヒアルロン酸の水分保有量を増加させる働きもあります。

 

また、骨の量を増やしたり、コレステロール値を下げ、
動脈硬化を予防したり、心筋梗塞を予防するなど、
健康を保つための働きもあります。