女性が知っておきたいホルモンナビ

エストロゲン・ゲスターゲンの変化と月経周期

エストロゲン・ゲスターゲンの変化は、
卵巣周期によるものですが、
この変化が子宮内膜の周期を生み出しています。

 

 

卵巣周期によって生じるエストロゲン・ゲスターゲンの推移によって、
子宮内膜の周期的変化が生じます。

 

卵胞期に概ね対応する期間は、子宮では「増殖期」と呼ばれます。

 

そして、内膜がエストロゲンの作用によって肥厚すると、
着床や妊娠のための基礎的な変化が生じます。

 

卵巣が排卵を終え黄体期に入り、ゲスターゲンが上昇する時期は、
子宮では「分泌期」と呼ばれます。

 

このときの「分泌」は、ホルモンの分泌ではありません。
子宮自身の粘液分泌が促進されるという意味の「分泌期」です。

 

この分泌期には、子宮内膜の間質を中心とした変化が起こり、
それによって子宮の着床環境がさらに整って、
受精卵の到着を待つことになります。

 

着床が起こらずに黄体が消退すると、
エストロゲン・ゲスターゲンによって保たれていた子宮内膜は
その構造を維持することができなくなるため、
剥がれ落ちて月経が起こります。